Farewell speeches

Thanks to Oku-sensei, a Japanese literature teacher, who proofread and corrected my speeches to students and teachers.

To the students:

Thank you for these past 3 years.

I was able to make so many memories. I came out for the ball sports festival, suffered with you through Gakuho Walk, dressed up with teachers during the culture festival as Detective Conan, played games and had chats with you during English Cafe, and even took a test together with the kyudo club. I came here from America to be an assistant language teacher, but my most enjoyable thing was seeing your individual personalities. Of course, life in another country has been tough, but seeing your smiles and greetings every day took all my cares away.

People are onions. Onions with many layers. Every layer is a hidden part of you. For example, a baseball player who’s really good at cooking. Or someone who enjoys flower arranging could also be very good at playing the guitar. As for foreign languages, you might hate English, but be very good at Korean. Discover your many hidden layers, embrace and cultivate them.

Onions make people cry when they are cut, and whether or not you like them, onions are often used in delicious dishes. As onions, let’s make amazing lives with the people around us.

Lastly, be safe, and enjoy many new experiences.

この三年間お世話になりました。

本当にいっぱい思い出が出来ました。球技大会に出たり、学鳳ウォークで一緒に苦しんだり、文化祭で先生達と「めいたんていコナン」の仮装で参加したり、English Café で会話やゲームをしたり、弓道部と一緒に審査を受けられて良かったです。英語指導助手としてアメリカから来ましたが、皆の個性を見るのが一番楽しめました。もちろん別な国で生活に苦労はありましたが、毎日生徒の笑顔、挨拶からすっきり吹き飛びました。

人間は玉ねぎです。皮の下層がいっぱいある玉ねぎです。ひとつひとつの層は自分が隠していることです。たとえば、野球選手なのに、お料理も上手な人だとか。あるいは生け花が上手なのに、ギターも得意な人とか。あとは外国語について、英語が嫌いだけれど、韓国語が上手な人とか。自分の多数の層を認めて、受け入れて活かしてください。

玉ねぎは切ると人を泣かせますが、玉ねぎが好きか嫌いか関係なく、一般的に美味しい物に使われます。玉ねぎとして周りの人とすばらしい人生を作りましょう。

最後に、くれぐれも気をつけて、色々な楽しい体験してください。

To the teachers:

Thank you for these past 3 years.

I think I was very lucky to be sent to Gakuho as an ALT. Diversity is an important issue to me, so I am so glad to be at a school where teachers do their best to accommodate the varied situations in the student body.

I will now be returning to the video game industry. Actually, before I came to Japan, I was very depressed to think that video games is the only job I could do. However, thanks to this experience, I’d like to support international students from overseas, including Japan, in America. I hope to cultivate this calling that I discovered from this experience in Japan.

会津学鳳の先生方、こんにちは。

この三年間お世話になりました。

ALTとして、学鳳に指名されて、本当にラッキーだったと思います。ダイバーシティーと言うことは私にたいしてすごく大切なことと思いますから、様々な状況がある生徒を一生懸命に指導する学校にいられて、本当によかったです。

まず、大竹先生、誠先生、棚木先生、神田先生には、担当として色々ご面倒をおかけ致しました。誠にありがとうございます。

人文ステーションで一緒の先生方、毎日の習慣を先生の背中を見て、いっぱい勉強になりました。次の職場に持って行って活かします。

体育の先生方、一年目結構暇だった時、生徒達に混ぜてもらってありがとうございました。

芸術の先生方、放課後芸術の教室の辺りをうろちょろしてすみませんでした。

英語の先生方、自由に楽しい授業をやらせてもらって、本当にありがとうございました。

国語と社会の先生方、日本語、日本文化を教えてくれてありがとうございました。

理系の先生方、SSHを手伝わせてもらってありがとうございました。

情報の先生、LLルームの設備を自分のマックと繋がりために色々の依頼を叶えてくださってありがとうございました。

これからゲーム業界に戻ります。実はゲーム業界しか出来ないと思って、日本に来る前は落ち込んでいました。でも、この経験のお陰で、アメリカで日本含めた海外からの留学生を応援することもしたいと今は思っています。このライフワークの実現に日本での経験を活かしていきたいです。

ありがとうございました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *